タイトルイメージ
本文へジャンプ
 
  木 材 紹 介
   

            

   ヒノキ
日本を代表する木材です。仕上がると、美しい光沢があり、特有の芳香があるので、材料としての価値を高めています。芯材の耐久性は高く 長期の水湿にも耐えます。福島県東南部以南の本州・四国・九州に分布。天然生は、木曾・高野山・高知県西部などが、また、造林木としては、尾鷲・吉野・天竜・和歌山などの各地方産のものが有名です。建築・家具・彫刻・木型・曲物・桶など用途はたいへん多種にわたります。
個人情報の取扱について
COPYRIGHT(C)株式会社ヤマモ ALL RIGHTS RESERVED
   スギ
淡紅色、赤褐色でとても香りが良く、材質は温和で柔らかで縦方向に割れやすい。成長が早いため、植林・造林に適している。北は青森から南は屋久島まで生育し、南に行くほど色濃く硬いと言われている。産地の名を取り、秋田杉・吉野杉・日光杉・屋久杉(縄文杉)などが有名。屋久杉など樹齢二千年を超えるものもある。柱・天井等建築材、内装材から生活用具(酒樽・折箱etc)足場板まで日本では昔から幅広く使われている。中級品より下の材は、植林されている為市場にはあるが、外国材と比較して割高な為あまり人気がないが、良材は不足気味。
   サクラ
心材の色は赤褐色、辺材は淡黄褐色ないし黄白色、境界は明らか。年輪はやや不明瞭。材質、色調、加工性ともに優れており、高級家具材、造作材、楽器材、器具材、彫刻材など用途は広い。特に狂いが少ないので精密さを要する器具類、スチール材として定評がある。また、山桜の樹皮を素材にして樺細工と呼ばれる工芸品が作られたり、樹皮の内側からは桜皮と呼ばれる生薬がとれ煎じて喉の薬とされている。材質は適度に硬く強い。木理ほぼ通直、肌目は精、磨くと艶が出る。乾燥にはやや時間を要するが狂いは少なく、加工は容易、耐久性は高い。